最近の記事

2012年01月27日

京都大学 認知症や心機能の抑制に関係する受容体の立体構造を世界で初めて解明−より効果的で副作用のない治療薬の探索・設計が可能に−

○認知症や心機能の抑制に関係する受容体の立体構造を世界で初めて解明−より効果的で副作用のない治療薬の探索・設計が可能に−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120126_1.htm

○生活圏の空間線量率の継続測定を行うKURAMA-IIを開発〜福島で路線バスにおける実証試験を開始〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120126_2.htm

○パーキンソン病の細胞移植治療を検討するためのサルモデル評価系を確立
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120124_1.htm

○DNA分子モーターの動きをナノスケールでコントロールする事に成功−ナノ・メゾ空間での分子ロボットの開発へ−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120123_1.htm

○神経細胞の配置メカニズムを解明−抑制性神経前駆細胞に特有の移動の機構が明らかに
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120116_2.htm

○皮膚の健康維持に必要な細胞分裂軸方向を制御する遺伝子の発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120118_1.htm

○放射光核共鳴散乱法を用いて1000万分の1秒程度の時間で起こるソフトマター中での分子レベルの異方的な運動性を観測することに成功〜生体中での分子の運動性の解明へ期待
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120111_1.htm

○ホップの苦味成分を作る遺伝子を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111227_1.htm

○若者の「やる気」:10年の変遷とニート・ひきこもり傾向との関連
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111226_1.htm


posted by Mark at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

京都大学の研究成果

○新しい聴覚器機開発に関する研究
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111025_1.htm

○光でデザインするテラヘルツデバイス
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111018_1.htm

○脳脊髄液プロテオミクスパターン解析手法を用い多発性硬化症関連疾患の鑑別が可能になった
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111011_1.htm

○二次元空間に「最強電子ペア」をもつ超伝導を実現
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111010_1.htm

○炭素はいつ生まれたか?125億光年彼方の銀河に炭素を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111006_1.htm

○コレステロールを調節するたんぱく質の立体構造を世界で初めて解明−副作用の少ない、高脂血症や動脈硬化症の治療薬の開発へ−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111006_2.htm

○最近の太陽活動について
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110916_1.htm

○新しいポリマー電解質を開発 安全な高電圧リチウムイオン電池が可能に〜コロイド結晶型固体ポリマー電解質を用い、室温で充放電可能なバイポーラ型高電圧リチウムイオン電池(6V駆動)を実現〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110929_1.htm

○室温で電圧による磁力のスイッチに成功〜スピンデバイスの電気的制御手法に新たな道〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111003_1.htm

○神経回路の混線を防ぐしくみを解明:非典型的カドヘリンFlamingoと細胞内足場タンパク質Espinasによる協働作用
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110927_2.htm

○微生物(C1酵母)は植物葉上に浸み出したアルコールを夜に飲む〜細胞センサーの開発と植物葉上のメタノール変動〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110927_1.htm

posted by Mark at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

京都大学の研究成果

○慢性腎臓病の2大合併症である腎臓の線維化と腎性貧血のメカニズムの解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110913_1.htm

○ひねりの効いたガスセンサーの開発:大気ガス中から二酸化炭素のみを検出
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110905_1.htm

○なぜ人間と高等サル類のみで色覚は進化したのか
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110901_1.htm

○放射線の修復蛋白NBS1によるRAD18を介した損傷乗り越えDNA合成の開始
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110902_1.htm

○新たな生体内酸素センサー機構の発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110829_1.htm

posted by Mark at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

京都大学 研究成果

○もやもや病感受性遺伝子の特定とその機能についての発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110721_1.htm

○京都大学が開発した「判定サーチ」が「Yahoo!ラボ」にて公開
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110719_3.htm

○癌遺伝子情報伝達経路の実測データに基づくシミュレーションモデルの構築〜コンピューターによる抗癌剤デザインに向けて〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110719_1.htm

○進行期メラノーマに対する樹状細胞を用いた免疫療法〜進行期メラノーマ患者に朗報〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110719_2.htm

○鳥類の音声における文法規則の神経コーディングの解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110715_1.htm

○新たな残留性有機汚染物質「短鎖塩素化パラフィン」が中国の食品中で急増してきていることを発見−越境汚染の可能性を示唆−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110711_1.htm

○チンパンジーによる同種の他個体の行動を手掛かりとした見本合わせ課題:2台のコンピュータ連結で可能になった完全自動検査環境の確立
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110704_1.htm

○人工超格子での酸素イオン拡散の制御に成功−固体燃料電池や酸素貯蔵材料の開発へ向けた新展開−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110701_1.htm

○産学官連携により、革新的な放射線蛍光プラスチック(商標名「シンチレックス」申請中)の開発に成功〜安価で高性能な放射線検出器の製造に大きく前進〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110629_1.htm

○鳥類の音声シーケンス情報処理能力の解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110627_1.htm


posted by Mark at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

チンパンジーの自己認識に関する新しい発見

○チンパンジーの自己認識に関する新しい発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110519_1.htm

○細胞内G蛋白質シグナルの仕分けが生体リズムのタイミングを決める
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110525_2.htm

○植物有用物質生産のための微生物プラットホームの確立
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110525_1.htm

○京都大学と富士通が共同でエネルギーマネジメントの実証実験を開始〜スマートコンセントを利用した省エネの研究〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110517_2.htm

○炎症機構の新たな役割の発見−癌や心臓病など、炎症の関わる疾患の創薬・治療法開発に期待−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110518_1.htm

○炭化珪素バイポーラトランジスタで世界最高の電流増幅率を実現〜SiC BJTによる超低損失パワーエレクトロニクス実現に向けた大きな一歩〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110517_1.htm

○衆議院の新会議録作成システムにおける京都大学の音声認識技術の導入
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110512_2.htm

○イオンを利用して細胞の外に蛋白質を運ぶメカニズムを初めて解明−原子レベルの膜タンパク質の構造から見えてきた仕組み−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110512_1.htm

○筋ジストロフィーに対する新しい低分子治療薬候補物質を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110511_1.htm

○成体脳におけるニューロン新生は先天的な匂い応答に必要
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110503_1.htm

○海洋バイオマスからバイオエタノール生産
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110428_1.htm

○せっけんに学ぶ高分子太陽電池高効率化の原理の解明 −新概念の「色素増感高分子太陽電池」の実現に貢献−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110427_1.htm

○脂肪酸受容体GPR41によるエネルギー調節機構の解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/110426_1.htm


posted by Mark at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

京都大学 研究成果

○自動でバイタル情報を記録する体温計・血圧計システムの実証実験を開始
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110304_1.htm

○マウスおよびヒトiPS細胞の心筋細胞分化に及ぼすサイクロスポリンAの効果
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110228_2.htm

○1300世代暗黒に保たれたショウジョウバエの活動リズム
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110301_1.htm

○フラスコで簡単に合成できるナノチューブの作製に世界で初めて成功 −パーツの組み換えで性質のコントロールが可能な新材料の開発−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110228_1.htm

○田沢湖で絶滅した固有種クニマス(サケ科)の山梨県西湖での発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110222_1.htm

○磁石を使ったメモリに道:磁壁の電流による移動の要因を解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110221_1.htm

○虫歯の病原因子である酵素の立体構造を世界で初めて解明 〜虫歯の予防物質を探索するための手がかりを得る〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110217_1.htm


posted by Mark at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

京都大学の研究成果

○多様な機能的Tリンパ球の生成を担保する新しいメカニズム
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110214_2.htm

○HTLV-1 bZIP factorは発がんと炎症を起こす
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110211_1.htm

○多言語サービス基盤のアジアへの展開 −タイNECTECと言語グリッドの連邦制運営を開始−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110214_1.htm
 
○ご当地翻訳サービス「京大翻訳!」の運用開始
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100210_1.htm

○受容体GPCRの2分子結合・解離の定量計測に成功:分野横断的な薬剤開発研究に道を拓く
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110207_2.htm

○DNA分子モーターのリアルタイム観察に成功:ナノ・メゾスケールでの分子ロボットの開発へ
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110207_1.htm

○ウラン化合物における四半世紀の謎「隠れた秩序」を解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110128_1.htm

○「ちえのわ」型ナノ細孔を用いたセンサー開発に成功:動き、捕まえ、光って知らせるナノ多孔体
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110126_1.htm

○腸内細菌の制御と腸管粘膜防御には抗体遺伝子の体細胞突然変異が必要である
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110124_1.htm


posted by Mark at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

平成23年度政府予算案における科学技術関係経費(速報値)

平成23年度政府予算案における科学技術関係経費(速報値)
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/01/1301234.htm
研究炉等安全規制検討会(第31回)の開催について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/004/kaisai/1301062.htm
posted by Mark at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都大学の研究成果

○特定の細胞の生死を自在に制御するRNAスイッチ技術の開発
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110119_2.htm

○AesはNotchシグナルを阻害して大腸がん転移を抑制する
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110119_1.htm

○半分の磁束量子を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110114_1.htm

○RNAとたんぱく質から成るナノサイズの三角形構造体の創製に成功−ナノバイオテクノロジー分野へ新材料を提供−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110117_1.htm

○ミトコンドリアの機能不全により脱髄がおこることを発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/110107_1.htm


posted by Mark at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

温室効果ガス「亜酸化窒素」を発生させる酵素の立体構造を世界で初めて解明 −嫌気呼吸から酸素呼吸へと呼吸酵素が進化した手がかりを得る−

○温室効果ガス「亜酸化窒素」を発生させる酵素の立体構造を世界で初めて解明 −嫌気呼吸から酸素呼吸へと呼吸酵素が進化した手がかりを得る−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101126_1.htm

○肝臓・膵臓・腸に共通した幹細胞システムの解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101129_1.htm

○抗体遺伝子のクラススイッチ組換え機構に関わるヒストン修飾制御経路を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101207_1.htm

○脊椎動物における新規紫外光受容タンパク質の同定
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101207_2.htm

○ヒトiPS細胞の効果的凍結保存法の確立
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101201_3.htm

○突発性難聴に対するIGF1治療について
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101130_1.htm

○葉の形を決める仕組みの新たな発見 〜平らな葉をちぢれ葉にしてわかったこと〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101201_1.htm

○量子コンピュータ実現に大きく近づく誤り耐性技術を開発 〜誤りの大きな量子ゲートを用いても量子計算が可能に〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101124_2.htm

○ガンマセクレターゼへの基質結合は、アロステリック部位へのガンマセクレターゼ調整薬の作用を可能にする
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101201_2.htm

○1平方インチ当たり3.9兆個のドットが規則的に配列された超微細パターンを形成 −高分子材料の自己組織化現象を活用した超高密度ナノパターニング技術を開発−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101125_2.htm

○Thioredoxin binding protein-2 (TBP-2)の阻害は肥満であってもインスリンの感受性と分泌を増強させることによって2型糖尿病を改善する
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101124_1.htm

○血小板において止血の引き金となるリン脂質の暴露に関与する因子の同定−ヒトの遺伝病(スコット症候群)の原因遺伝子の同定
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101125_1.htm

○脂肪萎縮症患者を対象としたレプチン補充療法〜脂肪萎縮症患者に朗報〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101119_1.htm

○多剤排出トランスポーターの機能を分子シミュレーションで初解明 −多剤耐性化のタンパク質AcrBの3つの部分構造が順序良く機能する仮説を実証−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101117_1.htm


posted by Mark at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会(第35回) 議事録

研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会(第35回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/002-1/gijiroku/1299005.htm
研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会(第35回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/002-1/siryo/1299007.htm

第5期先端計測分析技術・機器開発小委員会(第9回)の開催について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu8/010/kaisai/1299298.htm
posted by Mark at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多剤排出トランスポーターの機能を分子シミュレーションで初解明 −多剤耐性化のタンパク質AcrBの3つの部分構造が順序良く機能する仮説を実証−


○多剤排出トランスポーターの機能を分子シミュレーションで初解明 −多剤耐性化のタンパク質AcrBの3つの部分構造が順序良く機能する仮説を実証−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101117_1.htm/

○HIV-1ウイルスのVif蛋白による新たなHIV-1ウイルス複製制御メカニズムの解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101109_1.htm

○熱を加えずに結晶を柔らかくすることに成功: 高強度テラヘルツ電磁パルスで分子ネットワーク操作が可能に
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101101_1.htm


posted by Mark at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

分子のくさり数本レベルでの挙動を解明−省エネ・省スペース・高機能ナノ材料の開発へ−

○分子のくさり数本レベルでの挙動を解明−省エネ・省スペース・高機能ナノ材料の開発へ−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101006_1.htm

○新たな細胞固定法を確立: 1分子追跡が過去50年の抗体マーキングデータに見直しを迫る
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101004_1.htm

○脳卒中の発症後におきる神経膠症のメカニズムを解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100930_1.htm

○京都市南部の高度集積地区(らくなん進都)におけるバス実証運行
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101001_1.htm

○100人の入院患者あたり29件の薬による健康被害(薬剤性有害事象)が発生していることを多施設研究で検証しました。
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100928_1.htm

○なつかしさは何によって引き起こされるのかを明らかにしました。
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100924_1.htm

○高出力・高効率の新型半導体光源の開発に成功〜深紫外領域(240nm)で、世界最高の出力と効率〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100927_1.htm

posted by Mark at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

京都大学の研究成果

○植食者特異的かつ植食者密度依存的な植物揮発性成分の誘導:正直なシグナル?それともオオカミ少年シグナル?
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100818_1.htm

○「障がい者」表記は障害者のイメージを向上させる?:ポジティブなイメージ変わるが、ネガティブなイメージ変わらず
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100809_1.htm

○日本人アマチュアが発見した新星から新星爆発に伴なうガンマ線を初めて検出
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100813_1.htm

○形質転換活性を欠損したMycによるリプログラミング促進効果−L-Mycを用いた効率的なiPS細胞の樹立−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100727_1.htm

○光によって有毒ガスなどの気体を自在に捕捉・分解する材料の開発
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100724_1.htm


posted by Mark at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

平成22年度世界トップレベル研究拠点プログラムの採択拠点の決定について

平成22年度世界トップレベル研究拠点プログラムの採択拠点の決定について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/07/1295133.htm
平成22年度 第1回 研究開発評価研修(政策評価相互研修会)の開催につい

http://www.mext.go.jp/b_menu/gyouji/detail/1295829.htm
平成21年度「学術情報基盤実態調査」の結果報告について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/22/07/1295790.htm
防災分野の研究開発に関する委員会(第59回)の開催について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/kaisai/1295683.htm
posted by Mark at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

研究評価部会 研究開発評価システム改革検討作業部会(第3回) 配付資料

研究評価部会 研究開発評価システム改革検討作業部会(第3回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/043/shiryo/1294523.htm
研究環境基盤部会 学術研究の大型プロジェクトに関する作業部会(第11回)
配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/021/siryo/1294264.htm
研究評価部会 研究開発評価システム改革検討作業部会(第1回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/043/shiryo/1294497.htm
研究評価部会(第34回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/003/gijiroku/1294390.htm
研究評価部会(第35回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/003/gijiroku/1294442.htm
研究評価部会(第36回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/003/gijiroku/1294464.htm
海洋開発分科会(第27回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu5/siryo/1294579.htm
特別支援教育の推進に関する調査研究協力者会議(第21回) 議事要旨
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/054/shiryo/1295031.htm
posted by Mark at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォーカス21

http://www.meti.go.jp/policy/kenkyu_kaihatu/focus21/focus21-top.htm

<基本的考え方>

経済活性化につながる実用化研究開発に重点化。以下の4条件に適合するプロジェクトを経済活性化のための研究開発プロジェクトとし実施しております。

@技術的革新性により競争力を強化できること。

A研究開発成果を新たな製品・サービスに結びつける目途があること。

B比較的短時間で新たな市場が想定され、大きな成長と経済波及効果が期待できること。

C産業界も資金等の負担を行うことにより、市場化に向けた産業界の具体的な取り組みが示されていること。

posted by Mark at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報通信プロジェクト電気通信放送分野の研究開発

http://www.soumu.go.jp/yuusei/cgi-bin/mdsidx.cgi?LANG=JP&THEME=research

視聴覚障害者向け放送ソフト制作技術の研究開発
次世代無線アクセスシステムの研究開発
量子情報通信技術の研究開発
スペース・インターネット技術の研究開発
情報家電を活用したインターネット技術に関する研究開発
超高速フォトニック・ネットワーク技術に関する研究開発
テラビット級スーパーネットワークの開発
高度三次元画像情報の通信技術に関する研究開発
電子機器から漏洩する電波の三次元可視化技術の研究開発
国際共同研究助成制度
インテリジェント映像技術の研究開発
技術試験衛星[型(ETS−[)
グローバルマルチメディア移動体衛星通信技術の研究開発
没入型仮想融合空間の構築・提示技術に関する研究開発
成層圏プラットフォーム
研究開発用ギガビットネットワーク
高度衛星放送システムの研究開発
デジタル放送方式の国際共同研究
posted by Mark at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。