最近の記事

2012年01月27日

京都大学 認知症や心機能の抑制に関係する受容体の立体構造を世界で初めて解明−より効果的で副作用のない治療薬の探索・設計が可能に−

○認知症や心機能の抑制に関係する受容体の立体構造を世界で初めて解明−より効果的で副作用のない治療薬の探索・設計が可能に−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120126_1.htm

○生活圏の空間線量率の継続測定を行うKURAMA-IIを開発〜福島で路線バスにおける実証試験を開始〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120126_2.htm

○パーキンソン病の細胞移植治療を検討するためのサルモデル評価系を確立
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120124_1.htm

○DNA分子モーターの動きをナノスケールでコントロールする事に成功−ナノ・メゾ空間での分子ロボットの開発へ−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120123_1.htm

○神経細胞の配置メカニズムを解明−抑制性神経前駆細胞に特有の移動の機構が明らかに
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120116_2.htm

○皮膚の健康維持に必要な細胞分裂軸方向を制御する遺伝子の発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120118_1.htm

○放射光核共鳴散乱法を用いて1000万分の1秒程度の時間で起こるソフトマター中での分子レベルの異方的な運動性を観測することに成功〜生体中での分子の運動性の解明へ期待
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/120111_1.htm

○ホップの苦味成分を作る遺伝子を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111227_1.htm

○若者の「やる気」:10年の変遷とニート・ひきこもり傾向との関連
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2011/111226_1.htm


posted by Mark at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。