最近の記事

2010年11月21日

多剤排出トランスポーターの機能を分子シミュレーションで初解明 −多剤耐性化のタンパク質AcrBの3つの部分構造が順序良く機能する仮説を実証−


○多剤排出トランスポーターの機能を分子シミュレーションで初解明 −多剤耐性化のタンパク質AcrBの3つの部分構造が順序良く機能する仮説を実証−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101117_1.htm/

○HIV-1ウイルスのVif蛋白による新たなHIV-1ウイルス複製制御メカニズムの解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101109_1.htm

○熱を加えずに結晶を柔らかくすることに成功: 高強度テラヘルツ電磁パルスで分子ネットワーク操作が可能に
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101101_1.htm


posted by Mark at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。