最近の記事

2010年12月26日

温室効果ガス「亜酸化窒素」を発生させる酵素の立体構造を世界で初めて解明 −嫌気呼吸から酸素呼吸へと呼吸酵素が進化した手がかりを得る−

○温室効果ガス「亜酸化窒素」を発生させる酵素の立体構造を世界で初めて解明 −嫌気呼吸から酸素呼吸へと呼吸酵素が進化した手がかりを得る−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101126_1.htm

○肝臓・膵臓・腸に共通した幹細胞システムの解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101129_1.htm

○抗体遺伝子のクラススイッチ組換え機構に関わるヒストン修飾制御経路を発見
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101207_1.htm

○脊椎動物における新規紫外光受容タンパク質の同定
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101207_2.htm

○ヒトiPS細胞の効果的凍結保存法の確立
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101201_3.htm

○突発性難聴に対するIGF1治療について
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101130_1.htm

○葉の形を決める仕組みの新たな発見 〜平らな葉をちぢれ葉にしてわかったこと〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101201_1.htm

○量子コンピュータ実現に大きく近づく誤り耐性技術を開発 〜誤りの大きな量子ゲートを用いても量子計算が可能に〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101124_2.htm

○ガンマセクレターゼへの基質結合は、アロステリック部位へのガンマセクレターゼ調整薬の作用を可能にする
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101201_2.htm

○1平方インチ当たり3.9兆個のドットが規則的に配列された超微細パターンを形成 −高分子材料の自己組織化現象を活用した超高密度ナノパターニング技術を開発−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101125_2.htm

○Thioredoxin binding protein-2 (TBP-2)の阻害は肥満であってもインスリンの感受性と分泌を増強させることによって2型糖尿病を改善する
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101124_1.htm

○血小板において止血の引き金となるリン脂質の暴露に関与する因子の同定−ヒトの遺伝病(スコット症候群)の原因遺伝子の同定
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101125_1.htm

○脂肪萎縮症患者を対象としたレプチン補充療法〜脂肪萎縮症患者に朗報〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101119_1.htm

○多剤排出トランスポーターの機能を分子シミュレーションで初解明 −多剤耐性化のタンパク質AcrBの3つの部分構造が順序良く機能する仮説を実証−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101117_1.htm


posted by Mark at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。