最近の記事

2010年11月23日

畿地域における産学官連携関連イベント情報

http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/events/events.html
posted by Mark at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 産学官連携 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会(第35回) 議事録

研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会(第35回) 議事録
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/002-1/gijiroku/1299005.htm
研究環境基盤部会 学術情報基盤作業部会(第35回) 配付資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/002-1/siryo/1299007.htm

第5期先端計測分析技術・機器開発小委員会(第9回)の開催について
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu8/010/kaisai/1299298.htm
posted by Mark at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多剤排出トランスポーターの機能を分子シミュレーションで初解明 −多剤耐性化のタンパク質AcrBの3つの部分構造が順序良く機能する仮説を実証−


○多剤排出トランスポーターの機能を分子シミュレーションで初解明 −多剤耐性化のタンパク質AcrBの3つの部分構造が順序良く機能する仮説を実証−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101117_1.htm/

○HIV-1ウイルスのVif蛋白による新たなHIV-1ウイルス複製制御メカニズムの解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101109_1.htm

○熱を加えずに結晶を柔らかくすることに成功: 高強度テラヘルツ電磁パルスで分子ネットワーク操作が可能に
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101101_1.htm


posted by Mark at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都大学春秋講義

○京都大学春秋講義
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h8/d2/news4/2010/101124_1.htm

○NEDO三次元光デバイス高効率製造技術 第13回 光集積ラボラトリー公開セミナー
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101124_1.htm

○国民読書年 京都大学附属図書館 特別企画 「アカデミックに経済を読む:複眼的でグローバルな視点をどう獲得するか」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101129_1.htm

○第6回 京都・先端ナノテクポケット講習会 「フォトリソグラフィとPDMSモールディングによるマイクロ流路製作」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101126_3.htm

○シンポジウム「これからの会計専門職教育」〜会計教育のグローバルスタンダードとは
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101127_1.htm

○「聴覚障害者のための字幕付与技術」シンポジウム2010
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101127_2.htm 

○世界の友達と交流できる! パンゲア アクティビティ
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101127_3.htm

○こころの未来研究センター国際シンポジウム2010 「東洋のこころでストレス過多社会を生き抜く」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101129_2.htm

○学術情報メディアセンターセミナー「公共IT調達とCIO・CIO補佐の役割」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101130_1.htm

○iCeMS国際シンポジウム「Control and Engineering of Self-Organized and Excitable Systems in Biology and Chemistry」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2009/101203_1.htm

○第9回 iCeMS国際シンポジウム
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101203_3.htm

○第19回 はんなり京都 嶋臺(しまだい)塾「続・光と人」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101202_1.htm

○生態学研究センター 第1回オープンキャンパス
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101204_1.htm

○第9回 iCeMSカフェ(アイセムスカフェ)ゆったり気分で、科学のお話しませんか?「未来の太陽電池」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101211_2.htm

○レクチャーシリーズ no.85 シニアレクチャー「カゲロウと川の世界」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101211_1.htm

○平成22年度 京の府民大学 アフリカ地域研究資料センター公開講座 創立25周年記念シリーズ 「アフリカ研究最前線:生きる」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/110219_1.htm

○京都大学未来フォーラム(第46回)
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h8/d2/news4/2010/101213_2.htm

○第175 回 アフリカ地域研究会
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101216_2.htm

○平成22年度コンピュータソフトウェア著作権セミナー
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101216_1.htm

posted by Mark at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

 若手研究者によるRTシーズ発表会〜医療・介護・福祉編〜

 http://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=11229
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃日時:2010年11月26日(金) 16:00〜18:30
┃場所:ロボットラボラトリー(大阪駅前第3ビル)
┃対象:新規事業担当者、ロボット・IT関連企業など
┃内容:脳波トイなどで注目を集めるブレイン・マシン・インターフェース
┃   (BMI)や、介護士の負担軽減への貢献が期待されるモビリティ、
┃   移乗支援機器への応用が可能な技術を「日本ロボット学会 関西ロボット系
┃   若手研究者ネットワーク研究専門委員会」に所属する若手研究者が、紹介。
┃費用:無料
┃定員:30名(先着順)
┃問合:ロボットラボラトリー TEL:06-6347-7877
┃申込:上記URLよりお申込み下さい。
┃主催:ロボットラボラトリー


posted by Mark at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第65回テクノラボツアー 「化学工学分野の研究」

 http://liaison.pe.osakafu-u.ac.jp/~crc/event
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃ 大阪府立大学産官学共同研究会では、大学発の最新の研究成果やトピックスを
┃紹介する「テクノラボツアー」を実施しています。今回は『化学工学分野の研究』
┃をテーマに最新のトピックスを紹介致します。
┃ 本分野は、微生物パワーを活用した「無機ナノ材料合成、レアメタルのリサイ
┃クル、エネルギー生産」から、医薬品、食品、洗剤、農薬、化成品など、粉体
┃材料の高機能性を持った粉体材料の設計と、その製造プロセスの解析、最適化、
┃スケールアップ、制御などに関する研究と、金属、半導体、セラミックス等の
┃高性能電子材料を中心に、その薄膜材料(特に微小めっきやCVD)のプロセスに
┃関する研究を精力的に行っています。国際的な視野で最先端の化学工学分野の
┃教育・研究を行っています。
┃ 今回は当分野の研究内容を分かり易くご紹介するもので、7つの研究グループの
┃見学会を行います。将来技術開発および事業化に関心をお持ちの皆様方の参加を
┃歓迎いたします。
┃ 終了後、簡単な交流会もご用意しておりますので、講師の先生方との懇親を
┃深めることもできます。是非ご参加下さい。

┃日 時:2010年11月24日(水)14:00〜18:30
┃場 所:大阪府立大学大学院工学研究科 化学工学分野各研究室
┃    受付はB5号館3階 3B-37号室 連携大学-2にて行います。
┃内 容:イベントの詳細につきましては上記URLをご覧ください。  
┃費 用:講演会及び交流会は、大阪府立大学産官学共同研究会・会員は無料。
┃ それ以外の方は講演会参加費3千円(消費税込)、交流会参加費2千円
┃    (消費税込)が必要となります。(※参加費は当日申し受けます。)
┃定 員:約60名
┃問 合:大阪府立大学産官学共同研究会 事務局
┃    (大阪府立大学大学院工学研究科リエゾンオフィス内)
┃    TEL : 072-254-7947
┃    E-mail : eng-ro@iao.osakafu-u.ac.jp
┃申 込:上記WEBサイト、または参加申込書に必要事項を明記の上、
┃    FAX、E-mailあるいは郵送によりお知らせ下さい。
┃主 催:大阪府立大学産官学共同研究会
┃協 賛:大阪府立大学産学官連携機構、大阪商工会議所、大阪TLO、堺商工会議所


posted by Mark at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

バイオの都・関西セミナー 〜再生医療の未来を拓く関西〜」開催のご案内

「バイオの都・関西セミナー 〜再生医療の未来を拓く関西〜」開催のご案内
http://www.kansai.meti.go.jp/3-1toukou/2010bio/seminar.html

プロジェクトNEXTのページを更新しました「フィンランド エネルギー・イノベーションセミナー」開催のご案内 【グローバル・コネクト・プログラム(GCP)事業】
http://www.kansai.meti.go.jp/3jisedai/project-next/index.html

「アジア人財資金構想」近畿地区成果報告会〜高度海外人材を基軸とした企業のグローバル戦略〜
http://www.kansai.meti.go.jp/2sangyokikaku/koyou/asia_22_houkoku.html



posted by Mark at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿地域における産学官連携関連イベント情報

近畿地域における産学官連携関連イベント情報を更新しました
http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/events/events.html

平成22年度補正予算地域イノベーション創出研究開発事業の公募について
http://www.kansai.meti.go.jp/5gisin/kobo22/h22koubohosei.html

産学官連携公募情報を更新しました
http://www.kansai.meti.go.jp/2giki/network/koubo.html



posted by Mark at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都大学春秋講義

○京都大学春秋講義
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h8/d2/news4/2010/101124_1.htm

○学術情報メディアセンターセミナー「数値シミュレーションと可視化実験」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101026_1.htm

○文部科学省先端研究施設共用イノベーション創出事業「ナノテクノロジー・ネットワーク平成22年度成果報告会」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101028_1.htm

○京都大学グローバルCOEプログラム 「普遍性と創発性から紡ぐ次世代物理学−フロンティア開拓のための自立的人材養成−」 第3回市民講座「宇宙と物質の謎に迫る」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101030_2.htm

○平成22年京都大学高知講演会「森・里・海」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101030_3.htm

○日本学術会議近畿地区会議学術講演会「日本の古代と現代−人とこころ−」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101031_01.htm 

○公開シンポジウム「クラウド化する未来社会」 〜所有から利用へ〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101105_1.htm

○平成22年度エネルギー科学研究科公開講座 21世紀のエネルギー科学−核融合とセラミックスのお話−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101106_1.htm

○玉城嘉十郎教授記念公開学術講演会(第49回)
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101110_1.htm

○京都大学 東京オフィス「東京で学ぶ 京大の知 〜王朝文学の世界〜」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101201_1.htm

○第26回京都賞 記念ワークショップ 先端技術部門「iPS細胞の誕生:その原理と再生医療への展開」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101112_1.htm

○第8回 iCeMSカフェ(アイセムスカフェ) ゆったり気分で、科学のお話しませんか?
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101113_4.htm

○京都府・京都大学こころの未来研究センター 共同企画シンポジウム「平安京と祭りと芸能」Heiankyo, Rituals and Performing arts
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101113_3.htm

○2010年度上賀茂試験地 秋の自然観察会
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101113_2.htm

○第5回 京都大学ホームカミングデイ
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h8/d2/news4/2010/101113_1.htm

○総合博物館 レクチャーシリーズ no.84(ジュニアレクチャー) 「遺伝解析で絶滅危惧種を守る」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101113_5.htm

○京都大学経営管理大学院主催サービスイノベーション国際シンポジウム 「サービスの国際化−インバウンドとアウトバウンドのサービス展開−」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101113_1.htm

○工学研究科 低炭素都市圏政策ユニット 第3回シンポジウム
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101115_1.htm

○国民読書年 京都大学附属図書館 特別企画 「アカデミックに経済を読む:複眼的でグローバルな視点をどう獲得するか」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101129_1.htm

○第174回 アフリカ地域研究会
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101118_1.htm

○原子炉実験所公開シンポジウム「原子力・放射線の有効利用に向けた先導的研究の推進」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101119_1.htm

○「第8回京都大学地球環境フォーラム」循環型社会を目指して 〜廃棄物の処理と有効利用〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101120_2.htm

○11月祭
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101123_1.htm

○フィールド科学教育研究センター 第7回時計台対話集会 「森里海をつなぐ人づくり」
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101120_1.htm

○名勝清風荘庭園 試験公開
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101126_2.htm

○シンポジウム「これからの会計専門職教育」〜会計教育のグローバルスタンダードとは
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2010/101127_1.htm

posted by Mark at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分子のくさり数本レベルでの挙動を解明−省エネ・省スペース・高機能ナノ材料の開発へ−

○分子のくさり数本レベルでの挙動を解明−省エネ・省スペース・高機能ナノ材料の開発へ−
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101006_1.htm

○新たな細胞固定法を確立: 1分子追跡が過去50年の抗体マーキングデータに見直しを迫る
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101004_1.htm

○脳卒中の発症後におきる神経膠症のメカニズムを解明
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100930_1.htm

○京都市南部の高度集積地区(らくなん進都)におけるバス実証運行
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/101001_1.htm

○100人の入院患者あたり29件の薬による健康被害(薬剤性有害事象)が発生していることを多施設研究で検証しました。
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100928_1.htm

○なつかしさは何によって引き起こされるのかを明らかにしました。
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100924_1.htm

○高出力・高効率の新型半導体光源の開発に成功〜深紫外領域(240nm)で、世界最高の出力と効率〜
 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news6/2010/100927_1.htm

posted by Mark at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

理研ら、固体表面上の分子1つ1つの性質を調べる手法を確立

理研ら、固体表面上の分子1つ1つの性質を調べる手法を確立
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/08/12/046/

理研ら、磁場印加で絶縁体から金属へ相転移するメカニズムを解明
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/07/09/051/

理研ら、Li@C60フラーレンの大量合成と単結晶構造決定に成功
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/22/064/

理研、歪み単結晶に照射したX線が巨大な横ずれを引き起こす現象を観測
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/11/057/

理研、超伝導人工原子を組み込んだ新量子光学デバイスを開発
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/05/11/010/

理研、鉄系高温超伝導体の超伝導発現機構解明に向けた手掛かりを発見
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/24/002/

理研ら、光化学反応の高速初期過程をFELでリアルタイム追跡に成功
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/04/02/004/

理化学研究所
http://www.riken.go.jp/

フランス国立科学研究センター(CNRS)
http://www.cnrs.fr/

posted by Mark at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。